ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

大人気のポメラニアンの赤ちゃんを大事にする育て方としつけ

 
 赤ちゃんポメがうちに来た!

 

 

うちのポメはなんと生後40日で我が家にやってきました。

 

おそらく自宅に子犬を迎えるのは、生後二カ月か三ヶ月くらいの赤ちゃんだと思います。

 

 

とても小さく、とてつもなく可愛いです。

 

ずっと抱いて寝ていたい気持ちにかられます。

 

ただし飼い主としては可愛いだけを言っている場合ではありません。

 

生後三ヶ月までの赤ちゃんにとって、どんな環境で、何を学ぶかによってその後の資質形成に影響を及ぼすからです。

 

とても大切な時期であることも理解してくださいね。

  

放し飼いは基本的に禁止です。

 

 赤ちゃんポメ、トイレを覚える

 

 

サークルやゲージ内で過ごさせます。

 

f:id:navimy:20160223005255p:plain

 

最初はうちのポメもそうでしたが、今はリビングでフリーにしています。

 

さて、寝るのが赤ちゃんの仕事みたいなものですからたくさん寝させてあげてください。

 

必要以上に静かにする必要はありません。

 

多少の雑音にも慣れてもらいましょう。

 

20時間は寝るものだと思っていてください。

 

食事は1日3度です。

 

成長してくると2度に減っていきます。

 

そして決まった場所でトイレができるようにしつけます。

 

トイレシートにさせて、その次のシートにも少しだけその臭いをつけておけば、自然とそこでするようになります。

 

一番目を配っていなければならない時期です。

 

ウンチも知らずにそのままにしておくと食べてしまいます。

 

悲しいかな、うちのポメは気を抜くと今でも食べている。

 

そんなに美味しいか?

 

食糞といってみんながやることですが、癖にしたくないので、ウンチをしたらすぐに片づけてあげましょう。

 

ゲージの外に出すようになったら、間違えて外でおしっこをしてしまう場合もあります。

 

ですが絶対に叱らないことです。

 

排泄自体が悪いことだと認識しかねません。

 

「ここでするんだよ」と優しく教えてあげてください。

  

 ポメちゃんを褒める

 

トイレが上手くできたことなど当たり前のこともたくさん褒めてあげてください。

 

とにかく褒めて育てるのが一番です。

 

でも叱る時もあります。

 

それは現行犯で短く叱ります。

 

だそうですが、私は犬バカなのでまずおこる事は滅多にないです。

 

あるとすると危険な時。

 

例えば散歩に行って、何かを食べてしまったら。

 

犬はよく下を見ながら散歩しています。

 

美味しいものが落ちていないかと・・・

 

それこそ変なものを食べたら死んでしまいます。

 

それが怖いからと全く散歩をさせない人もいるくらいなのです。

 

時間が経過すると何で叱られたのかわからなくなるから、もし叱る時があったら即効が基本。

 

感情的にならず、ルールを破ったから叱られたということを認識させてください。

 

長く叱るとそれだけ効果は減少します。

 

ポメラニアンのしつけは生後五か月までといわれています。

 

優しくしっかり育ててあげましょう。

 

ポメラニアンの赤ちゃんを大事に育てるのは赤ちゃんのうちが良いですね。