ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

ポメラニアンがかかりやすい病気・舌と喉ショック症状は命にかかわるのです。

 

ポメラニアンがかかりやすい病気・ショック症状について

 

ポメラニアンは短頭だと言う理由もあって、呼吸器系が非常に弱い犬なのです。

 

気道、呼吸器が弱い犬は割と小さな犬がかかりやすいとされています。

 

ポメラニアンの他にはヨークシャーテリア、チワワ、マルチーズあたりもポメと同様器官系が弱いのです。

 

どんなことに注意をしたら良いか?

 

間接的理由で喉が非常に辛くなり命さえ危ない事もあります。

 

それはショック症状!

 

 
 ポメラニアンは喉に気を付けて

 

たかが喉!ではないのです。

 

うちのポメは喉が苦しくなって次第にベロがヘロヘロになり紫色になっ呼吸も荒くなって死にそうになった事があります。

 

これは飼い主が注意していれば防げるときもあるのです。

 

神経的なものが多いのです。

 

うちのポメちゃん、家に人が入って来た時にびっくりして私のベッドから飛び降りました。

 

その時に足をくじいたらしく、かなり痛かった状態。

 

その状態がショック症状を引き起こしたのです。

 

突然でびっくりしました。

 

これは赤ちゃんポメであろうが成犬であろうが危険な事態はいつやってくるかわかりません。

 

この時にはベッドから急に降りた時の足の痛み驚いて神経が追い付いていけなくショック症状になり身体に影響が出てしまったのです。

 

舌が青くなり、呼吸が荒かったらすぐに病院へ

 

みるみる呼吸が荒くなって死んじゃうんじゃないかなと思ったほどでした。

 

すぐに獣医師さんに見てもらったら、即効酸素室へ。

 

酸素を吸う事により脳に行かなくなった酸素が送り込まれていきます。

 

話しは後で、とりあえず急いで酸素と言う感じでしたので本当に一刻を争う事態だったのかもしれません。

 

こんなことはうちだけでなくありえることなのでショック症状が出たらどうするかと言うことを頭に入れておくと良いですね。

 

 

舌が赤黒いような真っ青と言う表現が良いのか・・・

 

舌もヒラヒラになり「へぇ、へぇ」とそれはそれは苦しそうでした。

 

動物病院に酸素があってよかった!

 

行く前に症状を電話をかけ症状を話しておきました。

 

小さな動物病院だとお休みもあるかもしれません。

 

こちらの写真はポメではありませんのであしからず・・・

 

f:id:navimy:20160226121803j:plain

 

うちのポメが行っている病院は入院施設もあり、24時間対応可能なのです。

 

病院に着いたらっそく順番ではなくすぐに見てもらえました。

 

そんなうちのポメの症状を見て

 

「危ない、もしかしたら今日入院して酸素をたくさん入れてみてもダメな場合もあります。今晩持ちこしたら大丈夫でしょう。でももしかしたらこのまま亡くなる事もあります。」

 

家にかえってすぐにまた病院に電話。

 

様子を聞きました。

 

「変わりません、苦しいのがとれてくれたらと思っています。

酸素や点滴、薬で安静にさせておくしかありません」

 

気が気じゃありませんでした。

 

また3時間くらいして電話。

 

これを何回かしたでしょうか。

 

普通だったらひんしゅく物かもしれませんが、犬の生死がかかっています。

 

結局3泊病院に泊まりました。

 

2日目にはだいぶ楽になり落ち着いたとのこと。

 

ペットロスになるのかな、ペットの埋葬ってどうするんだろうなんて考えも浮かびました。

 

犬はショックに弱い

 

この時のショック症状は間接的なもの。

 

飛び降りた時の脚の痛みがかなりだったのでショックになり酸素を送れない身体になったのです。

 

知り合いの犬もそうでした。

 

公園で散歩をしていたら他の散歩している犬にかまれてショック症状に。

 

噛まれたところを手術しては見たものの、精神的なショックにより体が機能しなくなりました。

 

8歳で亡くなったそうです。

 

あの時に散歩に行かなかったら・・・

 

偶然の事態に巻き込まれることもあります。

 

うちのポメも一度他の犬にかまれてかなりショックだった様子。

 

震えていましたが、ひどくなるとショック症状が出ます。

 

飼い主の犬への気配り次第でそう言った事態もまぬがれます。

 

ポメラニアンがかかりやすい病気のひとつがショック症状での酸素不足と言うことも頭の隅に置いておくと良いです