ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

ポメラニアンもやっぱり寒い!冬の防寒対策を紹介します。

ポメラニアンは寒さには強いが・・・

 

ポメラニアンの祖先は寒冷地でソリを引いていた大型犬です。

 

子孫だって当然のように暑さよりも寒さの方が強いです。

 

ただどこまでも強いというわけではありませんし、屋外ではさすがに生活できません。

 

震えているのは寒さを感じている証拠です。

 

いくら沢山毛が生えていても日本の冬はポメにとって寒いのです。

 

震えは体温の低下から起こります。

 

ポメラニアンは寒さを感じると、人のそばから離れず、散歩にも行きたがりません。

 

また水を飲まなくなります。

 

こういった症状がみられるのはポメラニアンが寒さを感じているからです。

 

防寒設備を整えていきましょう。

 

特に子犬や高齢の犬は注意が必要です。

 

ポメラニアンの冬の防寒対策をご紹介します。

 

  

ポメの防寒設備

 

暖房をつけたり、ホットカーペットを敷いたりと防寒対策はいろいろあります。

 

湯たんぽもいいですが、直接ポメラニアンの体に触れないように毛布やブランケットで包んでから使用してください。

 

私は湯たんぽの代わりになるペットボトルを使っています。

 

ペットボトルに熱いお湯を入れてバスタオルで巻くのです。

 

絶対にペットボトルがタオルから出ないようにしないと火傷してしまう可能性もあります。

 

暖房器具全体にいえることですが、ポメラニアンの低温やけどに注意しましょう。

 

また、フローリングの上に直接ケージを置いている場合、ポメラニアンが寒さで震えます。

 

フローリングとケージの間にダンボールや発砲スチロールを敷くとかなりの防寒対策になりますので、ぜひ試してみてください。

 

犬の寒さによるダメージ

 

寒暖の差によるダメージが大きいです。室内と外に出た際の温度差で気管支炎になることもあります。

 

乾燥もするので静電気によるダメージも深刻です。

 

f:id:navimy:20160301190110j:plain

 

人間と同じで、冬の乾燥は犬にも良くないのです。

 

加湿機を使っているなら安心です。

 

乾燥機がない場合でも乾燥させない部屋にするためには、濡れたタオルをかけて置く(洗濯物でもOKです)とか、ストーブに水の入ったやかんをかけておくなどの方法があります。

 

愛犬が乾燥皮膚になってガサガサにならないように注意してください。

 

また、散歩にいくと寒さや冷たさで肉球があかぎれになったり、しもやけになったりもします。

 

肉球がある日かっさかさになっていたこともありました。

 

ハンドクリームを思わず塗ってしまいました。

 

家に帰ったら温かいお湯で揉んであげると効果的です。

 

以上、サモエドの子孫であっても防寒は必要不可欠です。

 

これでもポメラニアンはダブルコートで被毛が二重構造になっている分、他の犬種よりも寒さには強い方ですが、散歩には服を着せた方がよさそうですね。

 

ポメも寒いのです。

 

冬は外での防寒として服を着せる、家の中でも工夫をして冬の防寒対策をしてくださいね。