ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

高齢のポメラニアンが餌を食べない。老犬の食欲回復の技をご紹介

高齢のポメラニアンの食欲は?

 

人間と同じでポメラニアンも高齢になるにつれて餌を食べなくなってきます。

 

ただし食欲を左右するホルモンは高めなので(副腎皮質ホルモン)人間ほど極端には食欲不振にはなりません。

 

今回は老犬となったポメラニアンが餌を食べない状態になったらどうすればいいのかについてお伝えしていきます。

 

 

餌を工夫してみよう

 

犬は嗅覚が衰えると食欲も低下します。

 

食欲には匂いがとても重要な要素になるのです。

 

フードを少しだけ温めてみましょう。

 

匂いたつので高齢のポメラニアンの食欲も刺激されます。

 

少しだけお肉を入れてみたり(低カロリーのささみなど)してみるとさらに食欲は高まります。

 

フード自体もシニア用に切り替えてください。

 

少しふやかしたほうが消化にはいいです。

 

最近は電子レンジで温めるドッグフードも売られています。

 

水分すら補給しようとしない場合は、新鮮な水にプレーンヨーグルトを少し混ぜ込みます。

 

香りがつくので水分をとろうとする意欲も高まります。

 

 シニア犬にはどういった食事の悩みがあるのか書いてあります。

 

詳しくはこちら↓↓↓

 

 

食事の回数を変えてみよう

 

消化が難しくなってきますので、回数を3回に分けます。

 

朝・昼・夜です。

 

夜は腸の働きが弱くなるので少なめです。

 

おやつも夜には与えません。

 

1回、1回の餌の量が少なくなるので消化もしやすくなります。

 

それでも厳しいようでしたら消化を助けるサプリメントもありますので活用してみてください。

 

疾患の疑いがあるかもしれません

ここまでしても食欲不振が続くようだと、体のどこかに病気が潜んでいる可能性があります。

 

胃腸の疾患が一番よく考えられますが、歯の病気や内臓の病気など、動物病院で担当医に見てもらわなければわかりません。

 

相談をしてみてください。

 

歯周病だけでも大きく食欲は低下します。

 

犬は食べ物を食べた後に人間のように歯磨きが出来ないので、どうしても高齢の犬は歯が弱ります。

 

最近は歯石をとってくれる犬の美容室も出来ましたので、定期的にいくのも良いかもしれませんね。

 

ストレスが原因の可能性もありますので、愛犬の状態や環境をもう一度確認してみましょう。

 

f:id:navimy:20160316001255p:plain

 

そこを解決するだけでポメラニアンの食欲が復活するかもしれません。

 

高齢になると仕方がない現象ですが、飼い主ができることをひとつでも実行し、愛犬が長く健康でいられるようにしてほしいですね。

 

高齢のポメラニアンが餌を食べないのには工夫の余地もいくつかありそうです。

 

少し手作りをしてみることも良いかもしれません。

 

温めたお豆腐、ブロッコリー辺りはうちのポメの大好物なので食欲がなくてもこの二つなら食べてくれます。

 

高齢犬の餌、食事で悩んだら↓↓↓