ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

ポメラニアンが餌を食べない!肺がんなどの病気の可能性の心配も。

ポメが餌を食べないいくつかの理由

 

ポメラニアンが餌を食べない状態は、飼い主としてもとてももどかしいはずです。

 

ストレスが原因で一日食べないくらいであれば異常はないでしょうが、

 

二日から三日続くようだと大きな問題を抱えていることになります。

 

今回は、ポメラニアンが病気で餌を食べなくなった場合についてお伝えしていきます。

 

病名は肺がんです。

 

  

犬の癌死亡の上昇

 

人間も犬もここ数十年で癌での死亡が急上昇しています。

 

裏を返すと、それだけ他の病気は治療できるようになっているという話でもあります。

 

十歳以上の犬の半数が、癌が原因で死亡しています。

 

犬を飼っている以上、いつかは直面する問題なのかもしれません。

 

高齢になれば生きているものは免疫が弱くなっていき、癌細胞に打ち勝つ元気も弱ってきます。

 

犬の癌の症状

 

あらゆる癌を通じて共通されることになります。

 

  • 無気力 元気がなく、おもちゃで遊ぶことも飼い主と遊ぶこともしないようになります。
  • 食欲不振 餌を食べない状態が続きます。
  • 一日で食欲が回復するようだと安心ですが、それが続くようだと病気を疑う必要もでてきます。
  • 体重減少 餌を食べない日が続きますので当然のように体重が減ります。
  • 定期的に体重を量っておく必要があります。

 

犬の肺がんの症状

 

上記した三点と併せて、激しい乾咳をします。

 

咳に血が混じることもあります。

 

こうなると肺がんにかかっている可能性があります。

 

上記の三点が見られたときからポメラニアンはすぐに病院へ連れて行かないと心配です。

 

血液検査だけでは肺がんは見つけられません。

 

徹底的に検査が必要になります。

 

仮に癌が見つかった場合、その後の処置に関しては動物病院の担当医と充分に相談してみてください。

 

抗がん剤による治療も考えられます。

 

食事に関しては受付けないかもしれませんが、炭水化物は腫瘍を大きくする栄養素になるそうです。

 

たんぱく質や脂肪で栄養をとることを考えてください。

 

f:id:navimy:20160316232618p:plain

 

この辺りは人間と少し違うかもしれません。

 

人間の場合は、肉などのタンパク質や脂肪は摂らない方が良いと言われることもあります。

 

犬の寿命は、人間に比べると短いものです。

 

いつかは別れのときがきます。

 

そのときまで楽しく充実した日々をぜひポメラニアンに満喫させてあげてください。

 

それが何よりの犬の幸せです。

 

散歩仲間のワンちゃんも見ないうちに癌で亡くなったことを聞くこともあります。

 

飼い主さんが犬の別れの事を覚悟をするのはワンちゃんが大体10歳になった頃からです。

 

少しでも長生きしてもらいたいから良いドックフードとサプリメントをあげて定期検診も受けています。

 

犬にお金をかけてあげることも愛情の一つなのかなと思っている今日この頃です。

 

犬が餌を食べない理由として肺がんの心配もありますので、犬ちゃんが高齢になったら体調もいつも気にしてあげましょうね。