ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

ポメラニアンの赤ちゃんの選び方の裏技、どんな子犬が良いのか購入前の心得

ポメラニアンを飼いたい、さてどうする?

 

ポメラニアンを飼いたいけど、どんな子犬選びをしてよいのか基準がわからないですよね。

 

金額の差はなんだろう!?

 

ブリーダーから買った方が良いのかペットショップから買った方が良いのか?

 

それとも大型のペット博で買った方が良いのか?

 

まずは買える金額のポメから考えなくてはならないですよね。

 

あまり高価なポメラニアンを買う事は出来ない場合・・・

 

他のポメよりも見た目は劣るかもしれません。

 

安い分何かがあるはず。

 

ポメラニアンの赤ちゃんの選び方の裏技を知って見たいですよね?!

 

 高いポメと安いポメの違いは?

 

ポメの赤ちゃん選びは人間で言う「美人はお得」と少し似ているかもしれません。

 

見た目が可愛いポメは値段も高いのです。

 

例えば、顔のかたちやパーツが整っているなど。

 

子犬の時から顔形は良く見るとかなり差があります。

 

狸顔のポメ、キツネ顔のポメ。

 

目は真ん丸が良い、鼻は最初はたいてい低いのですがポメの赤ちゃんでも鼻が低くない子もいます。

 

やはり、赤ちゃんの時は鼻は低い方が可愛い。

 

そのうち鼻だって長くなってきますから。

 

ポメに限らず、子犬の値段の差は顔でだいぶ違うようです。

 

また、うちの場合はひょんなことから大型のペット博で購入しましたがポメのボディも形も値段の高さに違いが出てくるようです。

 

成犬になった時、ポメラニアンらしい気品高いボディと毛並になるか?!

 

プロは子犬のうちから価値がわかるらしいのです。

 

ポメラニアン、どんな子犬が良いのか購入前に価値を知ろう!

 

血統書が付いている親からの子は更に値段は高いです。

 

そしてメスだと将来価値のある子犬を生むことを想定されて赤ちゃんポメの値段も高騰します。

 

変な話ですが、価値のある将来性の高いポメラニアンを買って子犬を生ませれば元はとれてしまう・・・

 

うちのポメは血統書のある両親から生まれて手続きさえすればうちのポメも血統書を引き継ぐことは出来ましたが、あまり意味がないなと手続きはしませんでした。

 

子犬を生ませるつもりもありませんでした。

 

母犬も子犬と離ればなれにさせるのがかわいそうですし、子犬も幸せになるかどうかも心配です。

 

血統書が付いているかどうかはコンテストに出るか出ないか、又は子犬を生ませて商売として販売する目的があるかどうか!

 

そんな目的がないのであれば血統書はあまり意味がないかもしれませんね。

 

うちはたまたま一目ぼれしたポメが血統書がついていたと言う事なのです。

 

血統書の価値が必要あるのかないのかでも購入の目的は変わってきます。

 

購入前の上手なポメの選び方は?

 

血統書のあるなし関係なしに、まずは丈夫な子で飼いやすく病弱じゃない子を選びたいですよね。

 

どんな子犬のポメが良いのか購入前の心得をご紹介します。

 

〇 とにかく元気で反応のある子

 

ペットショップでもおとなしく寝てばかりのワンちゃんもいれば、飛び跳ねているワンちゃんもいますね。

 

 

f:id:navimy:20160527115645p:plain

 

飛び跳ねている位元気な子の方が明るくて良いのです。

 

ガチャガチャうるさいからおとなし目のポメを選ぶと言う人もいるでしょう。

 

おとなしくても病気知らずのポメだったら良し!

 

ポメラニアンの赤ちゃんを選ぶときの裏技は?

 

〇 目は真ん丸でうるうるしているポメ

 

〇 しっぽの反応が良い

 

嬉しいとしっぽふりふり。

 

〇 鼻はカサカサしていなく、潤っている

 

〇 毛並がフワフワ

 

それより何より、元気がありそうかどうかが大切な判断材料です。

 

ペットショップなどで犬ちゃんも神経を使い、ぐったりしていると思いますが・・・

 

いよいよ家に連れていたら、ぐったりが治っていない。

 

エサも食べない。

 

そんな状態だと死んでしまいます。

 

そこで、販売者がちゃんとしているかどうか確認しておくことがあります。

 

1.死亡時の生体保険

 

2.子犬の血統書がきちんとあるかどうか

 

3.子犬の生まれた日の確認

 

4.購入時の健康状態

 

健康状態はかなり大事です。

 

販売者との約束を取り交わすことは絶対必要です。

 

よくあるのが、子犬を連れてきてからずっと元気がなく、いきなり動物病院の診療を受けた。

 

購入後、数日又は数か月で死んでしまった!

 

保険がどの程度まで有効なのか知っておくことはポメの赤ちゃん選びの裏技と言うよりも最初に確認しておくことです。

 

トラブルがとっても多いのはこのあたりです。

 

うちのポメもペット博から帰ってきて即効病院行きでした。

 

点滴をして、低血糖になっていたのでもう少しで危なかったそうです。

 

買ってすぐにこういったトラブルがあった場合どうするか、購入前の契約を交わすときに確認しておきましょう。

 

ポメラニアンの赤ちゃんに限らず、子犬を購入するときの選び方としてどんな子犬が良いのか知っておくことは大切な事です。

 

そしてワンちゃんの健康を守るためにドッグフードはとても大切。

  

病気知らずうちの13歳のポメのドッグフードは?

       ↓↓↓