ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

わんちゃんの口臭の原因にもなる歯石は除去するのに無麻酔でもリスクが!

わんちゃんの口臭で悩んでいる飼い主さんはとても多いです。

 

散歩に行くと愛犬の口臭の話しにもなる事があるのですが、若くてもお口が臭い子もいます。

 

犬の体質にもよるのかもしれません。

 

それと同時に愛犬の歯石で悩んでいる人も多いですよね。

 

わんちゃんの口の中の衛生について今日は書いてみたいと思います。

 

 犬の口臭の原因

 

口臭の原因は病気が隠れている場合もありますが、一般的に考えるのは口内衛生の悪化ですね。

 

年齢を重ねる程、歯や歯肉の状態はケアをしなければ悪い方へといきます。

 

虫歯や歯槽膿漏で口は臭くなりますが、そのままだと内臓の方にも影響して来ます。

 

人間は手術をする時にお医者さんから口の中の衛生状態を良くしていてくださいと言われますが、口の中には細菌がたくさんあるからだそうです。

 

最近、人間は必ず手術前は歯医者さんに行って虫歯などの治療をしてくださいと言われることも多いのは、口の中の細菌が内臓の方まで影響してしまうからなんですよね。

 

細菌が悪さをすると、免疫も弱くなり内臓の病気にもつながりますし手術後の感染の心配も出てきます。

 

たかが、口臭と言っても感染を考えると怖いですよね。

 

 

 

f:id:navimy:20160727133037p:plain

愛犬の口臭を無くすには?

 

口臭を減らすには歯石をとることをおすすめしますが、人間と違って麻酔をして意識のない状態で歯石をとるのが一般的です。

 

避妊手術などのついでの時に歯石をとってもらうのが一番良いですね。

 

歯石だけのために全身麻酔をするのはワンちゃんにとってリスクがありますから。

 

しかも数万円。

 

ちなみにうちのポメは避妊手術の時に次いで歯石を取りました。

 

でも、1回やっても効果が続くのは数か月らしいのです。

 

それを考えると、毎日のお口のケアは大事。

 

口臭の原因の歯周病は歯石などで歯肉炎症になり、細菌が増殖してあの嫌な口臭となるのです。

 

その他に犬の口臭は腸内環境が大きな原因になると言うことを知っていましたか?

 

 口の中の状態と腸内環境が悪くなるとかなり犬も口臭はひどくなります。

 

口臭の原因の菌のもとを取ると言うことは歯周病菌が減ると考えられますよね。

 

細菌が増えると歯石も付きやすくなります。

 

細菌が付かないようにするには犬の免疫力も大事。

 

まずは、ワンちゃんの腸内環境を良いものにするだけでも全く違います。

 

お腹の調子が良いと、飼い主さんも安心ですよね。

 

良いドッグフード、いつまでもドライのドッグフードを与えるようにすると老犬になっても歯で悩むことはあまりなくなってきますよ。

 

うちのポメは13歳ですが、今はこのドッグフードが大のお気に入りです。

 

 こんなに食いつきが良かったドッグフードは初めてなんです。

 

新しく発売されたモグワンドッグフードは早くも人気急上昇! 

       ↓↓↓

モグワンドッグフード

 

無麻酔と全身麻酔で歯石を除去どっちが良いの?

 

無麻酔で歯石をとるのは、ほとんどのワンちゃんは全身麻酔で歯石をとるのと同じくらいデメリットもついてきます。

 

歯石をとると言うことはワンちゃんにとっては恐怖です。

 

歯石をとる方も一生懸命なら犬の方だってすごい力をだして嫌がるんです。

 

その結果、体調が悪くなったと言うワンちゃんもいます。

 

普段から歯のケアをおとなしくしてくれるわんちゃんだったらもしかしたらそんなに手こずらないで無麻酔で出来るかもしれません。

 

最近は飼い主さんも無麻酔で歯石をとってくれる病院を探している人も多くなりました。

 

金額で言うと無麻酔の場合は数千円なので全身麻酔の場合とは金銭的な事を考えても麻酔なしでやりたいと思うのは当たり前ですね。

 

無麻酔で歯石を取るにもリスクがあると言うことがわかっている飼い主さんもいればそうじゃない飼い主さんもいると思います。

 

こういったネットや人からの情報で麻酔をした方が良さそうなのか、無麻酔で歯石を除去する方にするかわんちゃんによって考えどころですね。

 

普段からの歯石を取らせるわんちゃんだったら歯石を人間の手で取らなくても大丈夫かもしれません。

 

そう思うと普段からの愛犬の口の中のケアはかなり大事だと言うことがわかります。

 

歯石を取ること以外にもわんちゃんのお口のケアサポートは出来るんです。

 

まずはお腹の調子が今一つのわんちゃんにも試してほしいと思うおすすめドッグフードです。

      ↓↓↓ 

 モグワンドッグフード