ポメラニアンの育て方!愛情たっぷり1.2.3

可愛すぎるアイドル犬ポメラニアンの育て方や一緒に暮らす毎日のこと

スポンサーリンク

犬には人間の心がわかるの?

ポメラニアンを飼って13年。

 

今じゃ「飼う」と言う言い方はしたくないくらい情が通っています。

 

犬には人間の心がわかるのかどうか最近考えるようになってきました。

 

と、言うのも13歳と言う年齢の事を最近は常に考えて接しているからかもしれません。

 

犬の老年期は飼い主の人間にとっては一番愛しいと思われる時期と言われています。

 

 犬には人間の気持ちがわかるのでしょうか?

 

犬に感情があるかどうかアメリカで実験をした結果、人間の嬉しい顔と怒っている顔で犬の心も変わることがわかりました。

 

また、声質でも感情が現れます。

 

怒っている声を聞くと嫌な気持ちになり、悲しい時や寂しい時には悲しい気持ちになると言うこともわかりました。

 

脳のメカニズムが人間と犬と似ていると言うことなのです。

 

犬は悲しい、寂しい、嬉しいがすべて感じ取れるのです。

 

そう思うと、長時間留守番させたりしたら悲しいのだろうなと思います。

 

飼い主の私が家で仕事をしていてもテレビを見ていても、そばにいると言うことがワンちゃんにとってこの上ない安心感なのですよね。

 

飼い主さんが毎日仕事などで一緒にいる時間が少ないと犬はストレスを感じます。

 

ですので、犬を飼いたいと思っても飼い主さんは一人で日中ずっと長い間犬を一人にさせると言う状況になるのなら、ワンちゃんにとってはそれはかわいそうなの事かもしれません。

 

f:id:navimy:20160313182337p:plain

 

犬は子供と同じように愛情をかけてあげたい

 

散歩に行く時には3歳くらいの女の子になっていっしょに歩きたいなといつも思っています。

 

それ位、犬であっても人間と同じような気持ちで接しています。

 

しゃべれないのがかわいそうになったりしますし、犬は短命なのでいつかは別れが来ると思うと悲しくなりますね。

 

人間の感情がわかる犬だからこそ、13歳の今を大事に愛情をかけてなるべく一緒にいてあげたいと思っています。

 

犬を飼い始めた人へ

 

わんちゃんは怒られてもなぜ怒られたかわかりません。

 

最初は粗相をするのは当たり前ですね。

 

その場ですぐに起こると犬はわかるんだと思われているかもしれませんが、意外と犬は何で怒られているのかわからないものです。

 

犬に心があってもそういう点はわからない。

 

トイレはここだよと怒るのではなく、しつけていくと言うことですね。

 

飼い主さんが怒ってばかり、犬としてしか見ていないそんな場合は犬の感情も悲しいものです。

 

飼い主さんに愛されているかどうかはワンちゃんにわかるのです。

 

昔は番犬のために犬を飼っていたと言う家も多かったのですが、今はだいたい家で愛玩犬として迎えている飼い主さんが多いと思います。

 

今でも育児放棄ならぬ、犬放棄をしている飼い主が例年いるそうです。

 

一時的に可愛いから飼いたいと言う思いだけではわんちゃんが不幸になります。

 

犬は人間の心や感情がわかります。

 

短い人生のわんちゃんだからこそ飼い主さんは愛情をかけてくださいね。